SSブログ

レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

米粉 ミキサー [米粉 ミキサー]

●米粉をミキサーで作りたい場合


米粉をミキサーで作りたい場合は、「ミルミキサー」を
使用します。
通常のジューサーミキサーでも米粉を作ることができますが、
お米のような水分含有量の低く硬いものの粉砕にはミルミキサー
が適しています。




ミルミキサーにかける前に、お米は普通に研いで、ザルなどでよ
く乾燥させておきます。

十分にお米が乾燥したら、ミルミキサーにかけます。
ミルミキサーは、内容物が舞い上がりにくい様に容器が小さめに
なっていますので、たくさんの米粉を作りたい場合は数回に分けて
作業してください。

完全に粉砕されない部分もありますので、ミルミキサーから出した米粉を
ふるいにかければ粉が均一になります。ふるいに残った米粒はもう一度
ミルミキサーにかけます。


乳鉢やすりこぎで仕上をすると、さらにきめの細かな米粉
にすることが出来ます。


これで、米粉の出来上がりです。
出来た米粉をホームベーカリーに使用して、もちもちの米粉パンを
作るのもいいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

卓上ミキサー [卓上ミキサー]

●卓上ミキサー


家庭用の卓上ミキサーでおすすめのミキサーを
紹介します。




このミキサーの良いところは、なんといっても
コンパクトなボディ。

日本の台所事情を考えると、憧れの「キッチンエイド」
ではサイズが大きすぎるし、重たくて動かせない、という
こともありますよね。


このボッシュの卓上ミキサーは、「卓上ミキサー」と
呼ぶのにふさわしいコンパクトさと軽さがあります。
収納時は折りたたみもできます。

さらに、パワーの面でも侮ることはできません。
フックを取り付ければ重たいパン生地も捏ねることが
できます。

そして、独特のボール形状によって、なんと卵の黄身
一個から泡立てが可能です。
(これは、キッチンエイドでは大きすぎて出来ない芸当)


家庭用の卓上ミキサーとして、まさにかゆいところに手が届く
設計になっている印象です。

加熱ミキサー [加熱ミキサー]

●加熱ミキサー


温かいスープなどを作るのに、非常に重宝するのが
加熱ミキサーです。

フードプロセッサーの様な刃と、加熱用のヒーターを
併せ持ったミキサーです。



「スマステ」でも紹介されました。


使い方はとても簡単。材料を加熱ミキサーの
容器に全て入れ、タイマーをセットするだけで、熱々の
自家製スープが簡単に出来上がります。

これなら、忙しいときでも出来たてのおいしいスープを
楽しむことが出来ますね。





クイジナートからも新製品が出ました。

こちらは、「加熱も出来るミキサー」という感じです。
温かいスープはもちろん、普通に冷たいドリンクなどを
作ることができます。




加熱ミキサーのおかげで、体に優しい手作りスープが、
本当に手軽に作れる時代になりましたね。


フードプロセッサー ミキサー [フードプロセッサー ミキサー]

●フードプロセッサーとミキサーの違い


フードプロセッサーとミキサーは、作りは似ていますが
異なったものを指します。


<フードプロセッサー>




一番の違いは、用途と仕上がり。
材料を「液状に滑らかにする」のがミキサーだとしたら、
フードプロセッサーは、材料を「細かく刻む」感じです。

ミックスジュースを作るのはミキサーが得意だとしたら、
フードプロセッサーは野菜のみじん切りやお肉のミンチなどが
得意です。(もちろんフードプロセッサーも回し続ければ
仕上がりはかなり滑らかにはなります)

また、ミキサーはある程度水分がないとうまく撹拌できません
が、フードプロセッサーは水分の少ないものを調理できます。

(ただし、ほとんど乾燥状態で固いものの調理には向きませんので、
この場合はミルミキサーとなります)


見た目は、フードプロセッサーの方が刃の径がかなり
大きめです。

刃の取り付け部分の構造がシンプルで、洗いやすいデザインのもの
が、使い易くおすすめです。

スティックミキサー [スティックミキサー]

●スティックミキサー


スティックミキサーは、以下の様な形をしたミキサーです。





このミキサーの特徴は、撹拌する食材を非常に滑らかな食感に
仕上げることができる点です。
ポタージュスープやパンプキンスープなど、スープ作りにとても
重宝するミキサーです。
使い方は、スティック型をした本体上部を握り、ボウルやお鍋の
中をゆっくりと移動しながら、食材を細かくしていきます。

特に、先端が金属製のモデルは使い勝手がよく、熱いスープなどが
入った鍋の中を直接撹拌することが出来ます。

鍋を冷やしたり、中身を移し替えたりする必要がないため、お料理の
効率が非常に良くなります。

スティックミキサーは、径の小さな刃が高速回転するため、あまり
大きなものを粉砕することができないので、食材はある程度細かくして
おく必要があります。

クイジナート ハンドミキサー [クイジナート ハンドミキサー]

●クイジナートのハンドミキサー


ハンドミキサーの中でも最もパワーのあるメーカーといえば、
クイジナート(Cuisinart)。





モーターが強力で、やや固めのバターのホイップなどもパワフルに
こなします。

またワイヤータイプのビーターの形状は、撹拌したものが付着しにくいので、
この点も使い易くおすすめです。


ふわっとした生クリームの泡立てに適したバルーンウィスクのオプション
も用意されています。


パワフルな撹拌は、ケーキなどの仕上がり時間の短縮にも一役買いますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。